<   2007年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

99+1≠100

b0008923_142721.jpg引越しの準備で誰もが陥ると思いますが・・・

昔のモノを延々と眺め続け・・・

オフコースのコンサートチケット
(徹夜で会場に並んだっけ。この頃はチケットが綺麗だった)

薬師丸ひろ子の生写真
(かいかん・・・あ、最近だと違う方を思い浮かべる人が多いのかな)

教育テレビの囲碁に出ていたアシスタントのおねーさんが出ていた新聞の切り抜き(理知的な人でした。いや、囲碁には全く興味ないですが。)

olivettiのタイプライターのカタログ
(あの「タイプライター!」ってなフォントを自分で打ちたかったのですよ。それだけ。)

受検票
(写真は高校の。で、大学受験の時は番号“1番”でした。願書を、郵送じゃなくて、大学の事務局に受付開始日に直接渡しに行ったから。足して100。だからといって、完全な青年にはなりませんでした。どちらかというとどう見ても不完全。ま、発展途上としておこう。)


こんなことやってたら終わりませんねー。でも楽しい このプロセス。
捨てるもんは捨てるけど、こうして、時々、過去をぎゅっと圧縮してとっておきたい。
by tamotsuyaki | 2007-03-29 01:17 | Trackback | Comments(0)

Adriana Varejao

b0008923_1720835.jpg
at 原美術館。

やはりここは平日の昼が人が少なくて良い。見に来たい人が来ている感じ。しかしいつもの如く受付のおねーさんが丁寧な言葉遣いながら笑顔がなく・・・。いや、満面の笑顔までは期待してないんだけど、神妙すぎる表情にこちらも緊張してしまって肩に力が入りリラックス出来ないかなぁなんて。あの静かな雰囲気じゃしょうがないか。

「タイル」って素晴らしい。
Adriana Varejaoさんはブラジルの女性作家。ブラジルといえば元はポルトガルの植民地。ポルトガルといえばアズレージョ(装飾タイル)。タイルをざっくり切り裂いて中から肉のようなものが見えている作品、そんな歴史的な側面も反映させているらしい。あとは春画をモチーフにしたような東洋風の絵など。

館内にある中庭を見渡せるカフェダールで一息。
黒胡椒風味のチョコドリンク(?)にしようと思ったが品切れ。
しかし、替りに頼んだカプチーノが良かった。泡がくりーみー。
by tamotsuyaki | 2007-03-27 15:25 | アート | Trackback | Comments(2)

モスカテルマラガとカルデナルキスネロスとアンチョビポテト

b0008923_12151845.gif昨夜はもう1軒。Sherry Bar de DOCEへ。場所柄、グループが多くて、正直静かに飲める感じではなく、ひとりで来ている人も見かけない。しかも、「シェリーバー」なのにシェリー飲んでる人が少ないぞっ!!


でも、これだけいろんなシェリーを置いている店は他にないし、店長さんのしゃきっとした佇まいにも惹かれて通ってます。その店長さんに「九州行くんであまり来れなくなります」と言ったら「あまりじゃなくて全然来れないじゃないですかー?」と。そりゃたしかに。

でも、僕は気に入ったお店には必ずまた行きます。
by tamotsuyaki | 2007-03-23 12:16 | お酒・食事 | Trackback | Comments(0)

鶏はないの?

b0008923_0122024.jpg

by tamotsuyaki | 2007-03-22 21:42 | お酒・食事 | Trackback | Comments(4)

東京の悪口

書いちゃったけど、それはまぁイヤヨイヤヨも…あるわけで^^

東京で仮にリーマンやるとしてだね、週休5日、働くの2日なんて生活ならしても良いかね~。休日昼間は美術館、夜は新橋で焼鳥!?

そんなのフザケンナ!っていう人がほとんどかな。でも考えてみる価値はあるんじゃないかなと勝手に思うわけです。極端な話ではありますが、考える前に可能性を捨ててしまってもいいものか!

ま、酔っ払いニートの遠吠え戯言です。最後になりましたが、今、東京都現代美術館でやってる展示は全てイイです(特に「中村宏」)。残り1週間くらいなんで行っとけ!
by tamotsuyaki | 2007-03-22 21:10 | Trackback | Comments(4)

今宵は少し冷えるので

b0008923_094939.jpg
煮込とお湯割です。
by tamotsuyaki | 2007-03-22 21:00 | お酒・食事 | Trackback | Comments(2)

世界の中心



b0008923_07569.jpg

by tamotsuyaki | 2007-03-22 20:04 | お酒・食事 | Trackback | Comments(2)

家賃のインパクト

今回決めた別府の物件は、間取りが2LDK、共益費と駐車場込で4.3万。
今住んでる川崎が、1DKで家賃9万、駐車場3万、約3倍だね・・・。

家賃というものはつくづく厳しいですね。人生まで変えると言っても過言ではないかも。
遠距離の通勤をしている人はこの東京ではざらにいますが、僕にとっては今以上の距離での満員電車通勤という選択は有り得なかったし、かといって駅から遠いのはNG。そして、給料を考えると、今より広い物件を借りる余裕もなかったわけです(飲みの回数減らせば大丈夫だったのか!?)。狭い部屋だと、モノが溢れ、ココロの余裕もなくなり、人も呼べず、福岡時代には少しはしていた料理もしなくなり。悪循環。

東京の何が嫌いかって、五感に感じるストレス。
クルマ、バイクの爆音に顔をしかめ、悪臭に息を止め、人ごみの息苦しさから抜け出そうにもうまく間をぬって歩けず、前しか見てない人が一直線にぶつかってくる、よけようと思ってふらっとしたところにビル風が容赦なく吹きつけ、なんでもかんでも行列、浜崎橋、箱崎、今日も渋滞、休日ももちろん渋滞、街に個性がない、友達が住んでいる地域が広範囲すぎて終電まで一緒に飲んでも時間が足りない^^;、などなど・・・。好きなところは、美術館と居酒屋が多いところくらいかなぁ。

やはり、かつて転勤で福岡に行き、その快適さに惚れてしまった時点でこうなることは予想出来ていたのかもしれない。会社で人事のお仕事をされている方、福岡、札幌など、「転勤天国」へ人を流すときには人間性をじゅうぶん見極めてからの方が良いかも!会社辞めてまで戻っちゃう人がそんなに多いかどうかわからないけどね。

今回家探しにあたって、何軒か不動産屋を回ったんだけど、結果的に選んだのは、4月から通う学校を今月卒業されたセンパイに紹介してもらった女性オンリーのお店。みなさんもちろん地元の人なんだけど、とてもいい具合に力が入ってないというか、物件を押し付けることはせず自然な対応だったなぁ。その他にも、物件数では別府で1、2を争うところにも行ったけど希望の物件には出会えず。昨夜、風呂に入っている時にそのうちの1軒の女性営業さんからケイタイに伝言アリ。そのまま電話を返さなければそれでも済むのかもしれないけど、時間は既に21時前くらい。あ、こんなに遅くまで働いてるんだ!と思い、そしてとても丁寧な喋り方だったので、お断りのコールバックをしてみた。

b0008923_11204930.jpg
別府から見ると、大分の製鐵所から海越しに陽が昇るのです。
高炉って時に芸術的。(こんな位置関係です

ちなみに、別府市のデータを調べてみたら、面積こそ川崎市と同じくらいなものの、人口は1/10・・・。しかも、毎年減り続けてる。さらには、大分県の人口全部合わせても川崎市より少なかった!しかし、それでも別府市の施設は意外と充実している気がする。観光収入!?
by tamotsuyaki | 2007-03-22 00:16 | Trackback | Comments(2)

松竹梅

b0008923_1704759.jpg
日本人への密着度、好感度は、順番ひっくり返り「梅竹松」になるのかなぁとなんとなく。

本日、山、海、眺望良好な家を無事契約。空いと青し。
左前方のこんもりしたのはお猿で有名な高崎山、手前は川沿いの桜並木。
部屋からお花見可^^
b0008923_172461.jpg

by tamotsuyaki | 2007-03-17 15:13 | 旅・散歩 | Trackback | Comments(9)

餃子とビールしかない

b0008923_1304912.jpg人が二人やっとすれ違える路地裏にある「湖月」。餃子1人前15個で600円、瓶ビール600円、しめて1200円也。

【追記】
その後は、先日「あんたなら受かるよ!」と何の根拠もないが力強く言ってくれたマスターの「やっこ凧」へ合格の報告に。太刀魚の刺身をサービスで出してくれたり、翌日家探しをするという話をしていたら、お店の仕込み前に知り合いの不動産屋へ連れて行ってくれたり。いやはや人情のあつい街です。
by tamotsuyaki | 2007-03-15 23:17 | お酒・食事 | Trackback | Comments(0)