博多の思い出

わが街!?福岡。

降りたった直後に気付いたんだけど、名店「天ぷらひらお」の隣に、「牧のうどん」「北熊(ほくゆう)」が出来てた!もう僕にとっては、この3店、ミスター九州!って呼びたいくらいの面々です。福岡空港来て、全然時間なくて、でも九州を感じたい!って人。ちょっと空港ターミナルを出てみましょう。3店一度に制覇は難しいけど、どれか試してみらんね。

「天ぷらひらお」
揚がった順にアルミのトレーにのせてくれるシステムですが、まずはその前に食べ放題の塩辛!これだけでご飯が何杯食えることか!

「牧のうどん」
僕が好きなのは、麺でもスープでもなく・・・入れ放題のネギ、そしてかしわ飯です!

「北熊」
熊本ラーメン。一見とんこつなんだが、鶏がら野菜なんだとか。その濃厚だがあっさり(矛盾?)なスープはヤミツキになりますよー。ここは自家製キムチが食べ放題。

b0008923_23442466.jpg「餃子が食いたい」という僕のリクエストに博多のねえさんがセレクトしてくれた「游心」。博多で餃子といえば「鉄鍋」しか知らなかった自分には目からうろこ。メインの餃子の他にも、酢もつ、胡麻ダコ、川島ざる豆腐、それぞれに丁寧な技が感じられる。白波がすっと染み渡るのです。博多に体が馴染んでいくのがわかる。

b0008923_23445324.jpgキャナルの横で見かけたレトロな看板。(本文とはまるで関係ありませんが・・・)






b0008923_23451061.jpgまぁそういうことです。我ながら途中下車が多すぎると思います。(店には入ってません)





b0008923_23452529.jpg中洲のネオン。博多の人ならだいたいどのあたりだかわかるよね?同行者とも別れ、ひとり那珂川沿いをふらふら。福岡って、こういった店から店へ移動するときの風景がまたいいんだな。そういえば、今日は魚を食ってなかったなぁ、ゴマさば食いてーなぁ、と気付き、目指すは「音音 西中洲」。舞ちゃんいつもお世話になっとります。先日、京都で飲んだ宝山の綾紫の話をしたところ、「ありますよ♪」と嬉しい返事。ゴマさばも堪能できて大満足の博多ナイトでした。
b0008923_23454943.jpg

そういや、今回の本題は実は倉敷だったのです。
福岡にはホントに、のみに酔った、いや、飲みに寄っただけなのです。
by tamotsuyaki | 2006-05-26 23:54 | お酒・食事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tamotsu.exblog.jp/tb/4812571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 倉敷 信州へ >>