<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年もお世話になりました!

b0008923_1584837.jpg

(ぎゃらりぃ島津での展示。1/8以降、かご屋でもこのような青竹の花入れたちが
お目見えしますよ。同ギャラリーでの「お正月しつらえ展」は延長して31日まで!)

4/28にお店をOPENして以来、8ヶ月。
まもなく2010年も終わりを迎えようとしています。
かご屋に足を運んでくださった皆様をはじめとして、ご愛顧頂いた全ての方に感謝です。
実は、12/30現在 本人はまだ仕事を納めておりませんが・・・お正月の予定をはっぴょう!

来る
2011年1/1(土) 1/2(日) 12-18時 かご屋初売り!

あ、福袋とかはありませんが・・・振舞い酒を青竹お猪口でお出しします。
ご希望の方はお猪口はお持ち帰りください。数には限りがございますよ!

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

しばらく旅行という旅行をしていなかったので、ことりっぷしてきましたよ。
徳島→倉敷(学生時代の仲間と忘年会)→出雲・・・というルートです。

出雲大社、初詣前なので閑散としていますが、落ち着いてゆっくりと参拝出来ました。
この“二の鳥居”勢溜(せいだまり)には、昔は大きな芝居小屋があったそうで、
人の勢いが溜まる、という意味だそうです。想像すると楽しいですよね。

ちなみに、祀られている“縁結びの神”大国主大神は、全ての人を歓迎され、ひとりが一度に
たくさんのお願い事をされても全てお聞きになり、一度にお願いが多すぎるということはない、
とのこと。というわけで、かご屋と応援してくれるサポーターの方々すべての幸せを祈願して
きましたよ。みなさん、来年もよろしくお願いしますね♪
b0008923_14453447.jpg

b0008923_14574557.jpg

b0008923_14545120.jpg
b0008923_14551346.jpg
b0008923_14552775.jpg
b0008923_14553983.jpg
b0008923_14555197.jpg
b0008923_14555943.jpg
b0008923_14561956.jpg
b0008923_14563663.jpg

by tamotsuyaki | 2010-12-30 14:33 | 旅・散歩 | Trackback | Comments(0)

門松はじめました

というより・・・もはや門“竹”ですね。超シンプルです。
もちろん「置き」も可能ですが、このように「掛け」もできますよ。
5000円。メール・お電話・店頭にて予約受付中です。

岡山の「くらしのギャラリー」さんにて開催中の注連縄の会に出品させてもらっていました・・・が、既にお買い上げ頂けたそうで。ありがとうございました!注連縄展は大晦日まで開催されているそうなので、お近くの方はぜひ。
b0008923_9352644.jpg

バタバタしている中でもこれは見に行きたい!と思い赤煉瓦が美しい福岡市文学館へ。
b0008923_9354477.jpg

あと、年末29日まで、薬院のぎゃらりぃ島津にて「お正月しつらえ展」もやっておりますのでぜひ。
by tamotsuyaki | 2010-12-18 09:34 | 商品(その他) | Trackback | Comments(0)

焼菓子 in 竹かご

b0008923_9341756.jpg
福岡市中央区平尾の「カフェあぴ」さんにて、お正月用焼菓子セットの予約が始まってます。
私作成の竹かごに、あぴさんの定番菓子+2月限定ガトーショコラ+4月限定さくらスコーン、を詰め合わせたおトクな一品!価格は3000円で20個限定(でも、12/10現在 既に半分予約が入ってるとか・・・)

詳しくは、あぴさんまでお電話、またはお店に直接!

予約、限定数に達したそうです!ありがとうございました。

「カフェあぴ」
福岡市中央区平尾2-6-1
火曜定休 営業12-22時
TEL 092-521-8246
by tamotsuyaki | 2010-12-11 13:47 | かご屋・店主スケジュール | Trackback | Comments(0)

青竹箸のご案内 & かご屋 12月の予定

かご屋特製 お正月用「青竹箸」ご注文受付開始いたしました
b0008923_1285760.jpg

◇二膳セット(長さ 約23cm、約22cmの2種類 各1膳) ¥3,000.-
 【かご屋特製 桐箱(286×66×21mm)に入っています】

◇大分県産の真竹を使用。
 (“マダケ”とは日本古来の種といわれ、モウソウチクなどと比較すると、濃く鮮やかな緑、柔軟性、
 繊維の細やかさ、などが特徴で、繊細な竹細工に一番よく使われている種です)

◇機械は使用せず、すべて手削り仕上げ。先端部も丁寧に角をとってあります。

◇自然そのものの緑を生かすため、塗装は施しておりません。(時が経つにつれ緑は薄くなって
 いきますが、ご使用後 綺麗に洗い、冷凍庫で保管頂くと緑の保持期間は長くなります)

◇割り箸などとは違い、竹の一番強くて美しい表皮部分を使用しており、防腐加工等しておりません。



竹箸は日本のこころ。ほのかな青竹の香りをゆったりとしたお正月にお楽しみください。
今年一年お世話になった方へお歳暮等のご進物、帰省時のお土産、などにもいかがですか。

機能的にも、竹箸は繊維が縦に入っているため、良くしなり折れにくく、麺類をはじめとして
塗り箸ではつるんとつまみにくいものもしっかりと。


 ※お代は、かご屋、または、お振込にて承ります。また、商品のお渡しはかご屋にて(12/18以降予定)。 
 ※青竹の緑を維持するため冷凍保存しています。遠方の方へはクール便(費用別途)にてお送りします。
 ※桐箱を含む二膳セット、が基本ですが、飲食店様向けにお箸のみの複数ご注文などご相談に応じます。
 ※手作業のため、数量限定となります。

 ※ご注文・ご相談は下記へお気軽にお問合せください。
b0008923_22433475.jpg
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【かご屋 営業】

12/4、5、11、12、18、19、25、26 通常営業(12~18時)
 ※ただし、この後27日以降 臨時営業の可能性あります。

【店主の予定】

◇12/4(土)、5(日) 11-18時 「粉雪とクレソン」ワークショップ“青竹とのふれあい”開催
 at etu(熊本県阿蘇市一の宮町宮地3204) ※展示販売は12/7まで続きます

 ワークショップ終了しました。ありがとうございます。(展示販売は一部継続しております)

◇12/15(水)~29(水) 11-19時 「お正月しつらえ展」に出展
 at ぎゃらりぃ島津(福岡市中央区薬院4-18-21)
 ※【陶芸】有光 武元(北九州)・濱崎 節生(唐津)・井銅 心平(熊本)、【ガラス】李 慶子(大阪)、
  【書】川尾 朋子(京都)、【盆栽】島津 拓哉(福岡)、【竹】西本 有(大分)、以上7人がお正月を
  テーマに創作します。
by tamotsuyaki | 2010-12-02 22:41 | 商品(その他) | Trackback | Comments(2)