<   2009年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

こーよーみにいこーよー

長崎からの帰途、鳥栖にて途中下車。
大興善寺、もみじがもえてます。ついでにアウトレットも寄ってこうか。

【11/30 23時 追記&写真差替】
大村→別府、わずか200キロ。
高速代が安いからといってその間にある町々をすっとばしてしまうのは余りに勿体無い、というわけで、川登SAでしばらく休憩がてら当日限定の安い宿をケータイで探してみる。最初は武雄あたりを目論んでいたがあまり目ぼしいのが見つからず、東へ東へと検索対象をずらし・・・そして鳥栖。なぜに鳥栖。サガントス。ひとつには、前述のお寺の紅葉案内のチラシをどこかで入手していたから。翌朝は月曜日だからきっと人も少ないだろうと。そしてホテルも3千円ちょっとで大浴場(実際には中浴場だった)つき、というのが決め手。このホテルは「FROM 1960」と銘打っており(要はもうすぐ五十路)、モノは言いようだな・・・と思ったが、まぁこぎれいに改装してあり、しかも1階の浴場を出た目の前に飲み処が!「浴衣でOK」というキャッチフレーズに惹かれ入店したが・・・オーダーストップが過ぎたばかりで万事休す。いやいやそんな大袈裟なことではない。外に飲みに出ればいい話だ。ホテルの人の指差す先には灯台のあかりが。鳥栖というと「内陸」の感があるが、「蛭子丸」にはイキのいい魚が泳いでいる。聞けばもともと魚屋だそうだ。よく考えれば、福岡までは車で目と鼻の先。実際に“長浜”の市場まで仕入に行っているそうだ。そこでゴマサバを注文。あとは豚バラなど串焼を何本か。最後のごはん、青さの味噌汁まで、カウンターごしに女将とお話。

そして本日。お寺は月曜日とはいってもなかなかの人出。本堂の後ろに広がるつつじ園内には500本の楓があるそうだ。どんなだったかは写真を見て想像してください。きっと週末はこんな悠長に写真も撮れないんだろうなぁ。その後、ほど近いプレミアムアウトレットに寄り → 大龍ラーメンで昼食 → 北野の山口酒造で庭のうぐいすダルマラベルの四合瓶購入。そのうちここに写真が掲載されると思います。
b0008923_23192475.jpg

b0008923_23195064.jpg

b0008923_2320777.jpg

b0008923_2320324.jpg

b0008923_23214238.jpg

by tamotsuyaki | 2009-11-30 12:07 | 旅・散歩 | Trackback | Comments(2)

WARANAYAクラフト市に出展いたします

よいしょっと。上にもってきました。
いよいよ今週末の土日です、waranayaクラフト市。
テレビ中継も入るらしいです!(長崎ローカルのようですが)
b0008923_2310667.jpg

そうです。わたしがあったかい人です!
(すいません。勝手にトリミングしちゃいました^^; 元画像は下でございます)

二日間だけなので、都合が合わず来られるのが難しい方も多いかと思いますが、そんな方々も
ぜひいつかwaranayaさんを訪れてみてください。「長居必至」ですよん。土間がいーんだよね。
季節を問わず、というか、季節それぞれの居心地のよさを見つけられると思いますよ。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

フライヤーがとてもすてきです!あったかいかんじ!
場所は長崎県大村市(長崎空港があるとこです)、山の中の癒しcafeです。
(文字が小さくて見えづらいですよね・・・。画像をクリックすると別ウインドウで少し大きく見れます)
b0008923_013227.jpg

by tamotsuyaki | 2009-11-28 00:14 | かご屋・店主スケジュール | Trackback | Comments(0)

一緒に寝ます

b0008923_23594845.jpg

by tamotsuyaki | 2009-11-28 00:08 | Trackback | Comments(2)

ただいま大村湾PA

b0008923_07858.jpgまもなくクラフト市会場(cafeオーナー宅)に到着。クルマいっぱいいっぱい荷物詰め込み、漆黒を駆け抜ける黒豹。これをもって今年のイベントは終了。クルマを走らせながら指折り数えてみたら、今年はこれで9回目のイベント(展示会)だ。高揚感たっぷりです。明日は晴れそうだ。ジベタにゴザひきお待ちしてます。
by tamotsuyaki | 2009-11-27 23:00 | Trackback | Comments(0)

こっそりアピール

b0008923_23322532.jpg

by tamotsuyaki | 2009-11-26 23:32 | Trackback | Comments(2)

外の空気

b0008923_14213359.jpg11/14(土)天神、11/21(土)小倉、とウーヴルさんでの竹細工体験教室(スタッフさんのレポートはこちら)が無事終了。つい何十年か前まではそうではなかったのでしょうけれど、今、日常生活で「竹」に触れる機会って少ないですよね。自分にしてもこの世界に入っていなければそうだったと思います。今回の参加者のみなさんは、かごを完成させた達成感と同時に純粋に竹の触感を楽しんでくれたようで、僕も嬉しい限りです。

夏には東京の音羽画廊さんにて、先月は別府の着物屋さん主催のワークショップで、そして今回福岡での2回。いずれも時間いっぱいいっぱいでゆっくりする時間が持てませんでしたが、次回以降は完成後にお茶でも飲みつつお菓子つまみつつ、いろいろお話ししてみたいなと思っています。「世間に竹を認知させたい」という使命感があるわけではないし、「教室の参加者に自分の作品を買って欲しい」と思っているわけでもありません。結果的にそうであればいいかもしれませんが、なにより年代も職業も違った人たちが共通の作業を通してコミュニケーションをとることが出来て、そして互いに少しずつ影響を与え合う、そんな場ってなかなかないですよね。そうしたところへ積極的に出ていくことは、ひとりで考えてひとりでものづくりをしがちな僕らにとって必要なことかと。新しい作品のアイデアをもらえることもあるし、今回の小倉では、参加してくれた方と、とびいりで「授業参観」をしてくれた方(近く北九州でお店を出される方)とでやりとりがあったりとか。

いよいよ来週に迫ったwaranayaさんのクラフト市でもワークショップをする予定です。
また良い出会いがありますように。

余談ですが・・・今回は日帰りでしたが、次回は小倉の飲み屋を攻めてみたい。
紺屋町のあたり、焼肉屋の多さ、道の細さ、など猥雑な感じでディープ臭ぷんぷんでした。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

b0008923_1430669.jpg上の写真は作業場の風景。「学校」のような趣ですが、それもそのはず。もともと県の施設の建物をリノベーション(?)した形です。ま、廃校を利用したアトリエのような感じ?別府に来られる際にはお気軽にお越しくださいませ。ご希望があれば隣接の関連施設(温泉でもよかよー)もご案内さしあげます。(いや、正直なところ、ずーーーーっとひとりで作業しているとさすがに「飽きる」のですわ^^; なので外の空気を運んできて欲しいなーなんて)

右の写真はクラフト手提げ袋にハンコを押して。
これにワークショップの完成品を入れて持ち帰ってもらいました。下の雑誌は「東京の手仕事」。ミーツリージョナルは京阪神エルマガジン社という社名どおり、関西の雑誌。特に京都の特集など、惹かれるキャッチ・ツボな写真・文章・レイアウトが、以前から好きでしたが、ときどき東京の特集をしてくれるんですよね。こちらには、老舗も掲載されていますが、若手のクラフトマンが多数出ており、興味深いです。んー負けられんなー僕も頑張って福岡にアトリエつくるぞーという気にさせられました。(近いうちに具体化させるつもりです)
by tamotsuyaki | 2009-11-22 11:45 | かご屋・店主スケジュール | Trackback | Comments(10)

芋のお湯割り

b0008923_20534847.jpg九州に転勤で来てすぐ、飲み会で上司に「お湯割り」をつくる際、グラスに焼酎を先に入れ後からお湯を注ごうとすると、「違う違う!お湯が先!」と言われる人は少なくないと思う。かくいう僕も十五年ほど前にそういう洗礼を受けた気がする。今じゃあ日本中で焼酎が市民権を得たので何を今さらという人も多いだろうけど、念のためご存知ない方に説明すると、お湯を先に入れれば後に入れる常温の焼酎よりも高温なので、マドラーなど使わずとも自然にグラス中でお湯が対流しうまく混ざる…ということだ。ひょっとすると逆の順番でも焼酎に対し勢いよくお湯を注げば混ざり方など変わらないのでは?などと考えなくもないがまぁそのへんは厳密に検証せずに「郷に従え」ということ。あんたサーモグラフィーを売ってたんならそれ使って検証出来ないの?と突っ込む人はいないとは思いますが…例えば普通のグラスを横からサーモで撮影したとすると…グラスの表面の温度しか映らないので、水中のリアルタイムな温度変化はわかりません。じゃあ上から見たら?→水の表面しか映りません。ん、まてよ。薄はりのグラスなんかだと熱伝導がいいからわかるかな?しかしながら、そもそもそんな薄いのに熱湯注ぐのはパリーーンとイキそうで怖いな〜。じゃあシリコンとかゲルマニウムとか赤外線を通しやすい材質でグラスを作れば?「ゲルマニウムのグラス」ってなんだか怪しげな健康商法に使われそうですなっ!

かごんまなんかでは前日から焼酎を水と馴染ませてそれを温めるそうなのだが、その温める時に使う「黒ぢょか」が欲しいのです。別にヤカンを直火にかけたり徳利を湯煎したりでもいいのかもしれないが、あのタタズマイがいいんだよな〜。


 ※翌日追記:昨夜酔っ払った勢いで綴り、ケータイで投稿した文です。
  (どーでもいいことをぐだぐだだらだら書くの、得意かも^^)
by tamotsuyaki | 2009-11-19 23:54 | お酒・食事 | Trackback | Comments(4)

Virginia Maestro嬢

巻き舌がたまりません。
いや、もちろん歌もすごく上手いのだけれど。



このキュートなアーティスト(現地では“アイドル”なのか?)に出逢ったのは下の曲。
かつて一度ここに貼ったことがあります。まだアドケナイ雰囲気だったのだけどね。



そいとあいれー そいとあぐあー♪
・・・スペイン語の意味まったくわからん。バルはしごしたいっす。
by tamotsuyaki | 2009-11-18 01:13 | Trackback | Comments(2)

用無しのたるるーと

b0008923_2323016.jpgクリコットにて。木の内装って、夏は涼しげだし、冬は冬であったかみがあるよね。落ち着きます。そしてクリコに癒され。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

土曜日、無事教室を終え、九州場所ど真ん前のホテルにチェックインし、春吉へ。おばちゃんたちが今でもそこここに“たちんぼ”している怪しい通りをしばらく歩き、那珂川沿い絶景のロケーションの店で時も忘れ。二軒目は川を下り西中洲へ。ツルカメノミセで一杯だけ呑もうと思ったが・・・気づくと4時前。

日曜日11時、朝昼兼用をとろうと思い博多駅へ。リニューアルオープンしたばかりの構内「博多ほろよい通り」にはとてもとても強く惹かれた。その時間ですでに飲っている輩も多く、名残惜しく一周。しかしさすがに肝臓がついていかず断念。次回は堪能したい。結局いつもの因幡うどんへ。葱かけ放題。一味だけじゃなくて七味もあるのがいい。

バスで桜坂へ。ひさしぶりの「るごろ」で店主としばらくお話。石油ストーブあったかい。波佐見の蕎麦猪口とテープを購入。てくてく坂をゆっくり歩き警固本通をぶらぶら。このあたりも御多分に洩れず、僕が住んでいた十何年か前にくらべ道も建物も変わっているところが多いけど、なんていうのかな、雰囲気が変わってないのが好き。ゆるやかな傾斜と緑、そして未だ残る古い家、路地、商店。そういう雰囲気を気に入って小さなお店を出している人が多いのも頷ける。
b0008923_23313067.jpg
b0008923_23314416.jpg


↑ こののぼり、棒が青竹でした。いまどき。
by tamotsuyaki | 2009-11-16 12:40 | 旅・散歩 | Trackback | Comments(0)

竹細工講座(一日体験教室)のお知らせ 【再掲】

いよいよ福岡天神での体験教室が今週末土曜日に迫りました。
まだ、天神・小倉とも空きがあるようですので、ご興味のある方は奮ってご参加を!

「oeuvre(ウーヴル)」さんはもともと北九州を地盤として活動されてきましたが、今秋より福岡天神に拠点をうつされました。一般の「カルチャーセンター」とは一味違った内容の講座をいろいろ開講されていて、とても興味深いです(代表の方が女性ということもあり、特に女性向けの講座が充実していますよ)。

僕とウーヴルさんとのナレソメはこちらから(スタッフHATTORIさんのブログです)。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

11月に福岡(天神)と小倉にて教室をいたします。
2時間の体験講座なのではじめての方もお気軽に。

かわいくてしかも実用性のある!「六つ目編み盛りかご」をつくります。(下写真の一番小さいのよりも一回り小さいくらいです)もちろん完成したものは「お持ち帰り」できます。“竹細工”と銘打っていますが、時間の関係もあるのでナイフなど刃物を使用しての作業はありません。主に「編み」が中心になります。

お申し込みは下記まで・・・

ライフアップカレッジ「oeuvre(ウーヴル)」

(右メニューの「イベント講座」→「天神教室講座紹介」「小倉オフィス講座紹介」にて詳細をご覧頂けます)
 ◇天神教室 11/14(土) 13:00~15:00 定員10名
 ◇小倉教室 11/21(土) 13:00~15:00 定員7名
  【受講料】 3800円(材料費込み)
b0008923_2254820.jpg

by tamotsuyaki | 2009-11-14 22:05 | 教室 | Trackback | Comments(2)