<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

はじまりました

怒涛のクラフトフェア強化週間!

本日より「わたしのクラフトスタイル展」
明日は 「フクオカクラフトマーケット」です!
(詳細はひとつ下の記事を参照くださいませませ)

左上のかごバッグはおすすめの品。限定3個です。
(・・・というか時間がなくてそれしか作れなかった!)

みなさまとお会いできることを楽しみにしております~
(左上:かごバッグ、右上:片口バスケット、左下:お猪口入れ【弁当箱】、六つ目編み盛籠)
b0008923_147221.jpg

by tamotsuyaki | 2009-09-26 14:07 | Trackback | Comments(2)

9月出展予定

しばらくこの記事を最上段に載せておきます。
新しい記事はこの下からどうぞ。



1. 「竹 小物展」に出展
【会期】 9/3(木)~30(水) 11:30~19:00
【場所】 ギャラリー&雑貨「縁」 ( 大分県別府市扇山町2-1)

稲垣 涼、川上 幸子、野村 京子、西本 有が出展。

 ※定休日:火曜日。お店の2階は別府で古くから愛される「くれよん」という喫茶店です。


2. 「わたしのクラフトスタイル展」に出展
【会期】 9/26(土)~10/19(月) 10:00~17:00
【場所】 工房&ギャラリー 研窯

出展作家:onco(布・福岡)、茂渡ゆう子(版画・福岡)、バンブー兄妹(竹工・大分)、福岡祥浩(陶器・織部・熊本)、豆ごはん(フェルト・福岡)、敦賀研二(陶器)、古布工房ひろ(古布)

 ※定休日:火曜日。糸島半島へドライブがてらいかがですかー。下のDM写真、真ん中上のバッグはわたくし作です。

b0008923_23555710.jpg



3. 「フクオカクラフトマーケット」に出展
 【会期】 9/27(日) 9:00~15:00
 【場所】 福岡県護国神社内 参集殿 <雨天決行>

 ●うつわ屋 前田みさ子/磁器・小物  イシガミユキコ様/磁器・小物
 ●羽流希/天然石アクセサリー
 ●耕窯 水口耕一 水口沙織/陶器
 ●研窯/陶器
 ●WOOL ヒラヤマノリコ/編み物バック・小物
 ●有製咲処 西本有/竹工芸品(かご、バッグ、小物)
 ●まる歩靴工房/ベビーシューズ、革小物 handwork kou 香月由美様/靴・革小物
 ●Plus/雑貨・アクセサリー・あみぐるみ
 ●ガラス工房ClassyGlassy/バーナーワークで作る、ガラスのアクセサリーや雑貨。とんぼ玉。
 ●Konm cha/古布雑貨
 ●Hachiko/トートバック、布小物
 ●RICO 福沢紀子/布小物・洋服 aquamarine square 渋田由美子/あみぐるみ雑貨ほか(ヘアアクセサリー・布小物)
 ●kirari/アクセサリー
 ●和窯/陶器
 ●3LDK. 西村幸子/布バッグ 布小物
 ●陶工房Ron/陶器
 ●peony 吉原由希子/くるみボタン、ピアス、シール WOOD WORKS. 水田 繭子/木工雑貨・家具
 ●Couple Paume/木工&編み物
 ●Motif 吉永みき/アクセサリー うえいしゆみ/陶器
 ●風唄窯/陶器
 ●Snaily/天然石、ステンドグラスのアクセサリー
 ●古賀涼子/豆本
 ●Tutty Frutti/アクセサリー
 ●Laluce 梅崎綾乃/糸で作る身の回りのもの

b0008923_23594663.jpg

by tamotsuyaki | 2009-09-26 00:14 | かご屋・店主スケジュール | Trackback | Comments(2)

秋の日は釣瓶落し

b0008923_842599.jpg本日まったくもってやる気が起きず。
素でバターロールをカジりつつ朝刊に目を通し、見るともなしにどこぞの海外の風景。うつらうつらと舟を漕ぎ、気付けばいつしか昼を過ぎ。島原素麺を茹で薬味は胡麻と茗荷。畳に移動し作業をはじめようかとする時に目に入ってくる「クラバート」(本)。しばらく寝転び魔法の世界へ逃避…うつらうつら。

おっ!暗い!これが釣瓶落しというものか。

ニッカの17年あけてみた。前にも記事で紹介したけど、これは父親がそのまた父から貰った酒。もしおじいちゃんが存命ならば三代で一緒に飲む酒というのはどんな感じであったろう。父親の行きつけの小料理屋かなにかで熱燗でさしつさされつしながらいろんな話をしたのだろうか。

ジャパニーズウイスキー。天下のあのメーカーではなくニッカである。たしか、じいちゃんはその工場がある余市の生まれだったかと。コルクはぼろぼろになっているが、あけるときのぽんっ、しめるときのきゅっ、そんな響きが心地よい。

訳あって父親とは断絶の時期もあったが、今になって一緒にゆっくり飲んでみたいと思っている。
by tamotsuyaki | 2009-09-19 23:50 | お酒・食事 | Trackback | Comments(0)

ナミナミと注いでくれ

b0008923_2341417.jpg枯れそうな俺の花に たっぷりと水をやろう

戦え!俺!
生き抜け!俺!
ボロボロ!俺!
輝く!俺!




「酒燃料爆進曲」の歌詞


ホントはこっちのPV(ブログに埋込不可)の方がイカしてる。
心が折れそうなとき元気づけられます、意味もなく。
こんなシーンがたまらなくいとおしい。
by tamotsuyaki | 2009-09-18 22:49 | お酒・食事 | Trackback | Comments(0)

おでんとあつかん

b0008923_22314283.jpg

by tamotsuyaki | 2009-09-12 22:31 | お酒・食事 | Trackback | Comments(0)

まぁたまには酒以外の写真でも

b0008923_2363263.jpgポルトガルのさくらんぼリキュール「ジンジーニャ」を舐めながら新聞をめくると「民芸」の記事。須賀川竹細工のかごは素朴な味わいだ。

ん?竹籠のブーム近しですか〜?コアーズのアイリッシュカバーを聞きながら、えげれす人バーナードリーチさんの活動に思いを馳せる。ちなみに昨日の芋を盛ったうつわは小鹿田焼(のワケあり品)。

あ、そうそう。作家さんに依頼していたスタンプが完成。
籠のイメージ、白抜きの字体、どちらにも満足です。
やはり、餅は餅屋なり。
by tamotsuyaki | 2009-09-10 23:03 | Trackback | Comments(0)

いもバタ

b0008923_20563329.jpgかつての会社の同期より携帯にメール届く。
他の宛先は全て会社のアドレス。
その同期のうちのひとりの女性が結婚する(した)そうな。
それを肴に?一杯やろうという誘い。
関東地方に住んでいれば、何を差し置いても参加しただろうけど、アイニクねぇ・・・。
もちろん送り主もわかってるとは思うけど、心遣いがうれしいのです。

そんなうれしいことがあったので今日はワイン。
370円のですが・・・^^

竹の学校の後輩にもらったさつま芋をバターで炒めて塩コショウ。炒める、合える、そのまま食べる・・・相変わらず料理といえるしろものはしていないけれど、旬の野菜はうまいなぁと実感の毎日。

偽らざる心よ
道のりはまだ険し
その先に見据えた想いは
今でもまだ
それでもまだ
その目に映っていますか?



まさにまだ自分が「あおい」と自覚しておりますが・・・
それでもこういうアツイ(血管キレそうな)唄には心動かされますね。もらい泣きするなぁ。

大阪の番組とちゃうゆうねん!
by tamotsuyaki | 2009-09-09 20:50 | お酒・食事 | Trackback | Comments(0)

だんだだん

b0008923_1055920.jpg檀一雄曰く
「動かず、見ず、ただ雄大の気にひたっている」

妹が聞く「兄さんはなぜポルトガルLOVEなの?」
私はよくぞ聞いてくれた!という顔を向けながら意気揚々と檀の一冊を指し示す。

旅と食(酒)にまつわるエッセイ集ということで、“漂蕩(ヒョウトウ)の自由”なる言葉は本人が紡ぎだしたものではないかもしれないが、上手く言い表しているなぁーと感心。檀初心者の方には「火宅の人」に挑む前、さらっと一読して彼のありのままを感じるのにも良いかもしれぬ。そして「火宅」を制した後は、沢木さんの「檀」をどうぞ。

その檀が愛した日常飲みのポルトガル葡萄酒は「ダン」。
by tamotsuyaki | 2009-09-06 00:35 | お酒・食事 | Trackback | Comments(0)

緑のワインきんきんに冷やして

b0008923_21101661.jpg昨夜は我が家にてバンブー反省会…という名の飲み会。
一口含んだ瞬間、ポルトガルの爽やかな風が吹き抜けて。

うす緑色の液体はしゅわしゅわ微発泡。彼の地では焼いたイワシなんかに合わせるのが定番らしいが、実際飲んでみると「肴は選ばず」という気もします。ラベルのブルーもうつくしいね。キンキンをゴクゴクですわ。
b0008923_21105126.jpg
まわれまーわれメリーゴーランド
by tamotsuyaki | 2009-09-05 20:55 | お酒・食事 | Trackback | Comments(0)