四海波 火の魚 足尾銅山

b0008923_229762.jpg少し先になりますが、北九州市八幡でのワークショップのお知らせです。前回と同様「ウーヴル」さんでの開催となります。お近くの方、よろしければどうぞお越し下さいませ。詳細はこちら

NHK広島発ドラマ「火の魚」美しい島の景色も相まって、映画のようで見応えあった。しかし、原作 室生犀星だったとはね。影絵も良かったばい。

さっき今日唯一の外出。アテ買いに。千円でしっかり。納豆巻、チキンカツ、もやし、かいわれ、団子、世界のハイボール、そして赤玉スイート(の白)1本。「赤玉」だけで半分以上の金額・・・しかし安い。外飲みが趣味の頃は遠くなりにけり。でも、福岡行くようになったらまた行くんだろな。外飲みは、出会いが会話が楽しい。


缶ビール片手に男子厨房に立ち、炒めたり蒸したり。
およそ料理とはいえぬシロモノをひとり分だけ作る。なんとも楽しい。味付け常に濃い目。
草食系に内心少し憧れつつも、見てくれもらいふすたいるもまるで近づけない私。

10 Japanese Ghost Towns
webR25には「普通の日本人にとっては馴染み深い場所とはいいがたい」とあるが・・・
廃墟好きには馴染みの場所ばかり!
足尾銅山の「鉱山神社」などは、雪のちらちらと降りつける中、ひとりで訪れたことがありますが
とてもとてもサムくてとてもとてもコワかったのを覚えています。

だって神社の本堂を覗いたら・・・
b0008923_22351972.jpg

微かに残る生協の字、わかりますか。
b0008923_22355210.jpg

労働者と一升瓶、ベストマッチング。
b0008923_22482985.jpg

なぜこの先に進もうと思うのかもはや自分でもよくわかりませんでした。
b0008923_22495089.jpg

コマイヌくん、君が呼んでくれたのか?寂しかったやろ!
b0008923_223609.jpg

労働者と共同浴場・・・
b0008923_22513057.jpg

かつては多くの人たちを運んだ鉄道も今や昔
b0008923_2236778.jpg


翌日。
僕ら一行は別の温泉旅館に泊まったのだけど、いかにもな駅前旅館風情のここにも泊まってみたい。
b0008923_22361473.jpg

by tamotsuyaki | 2010-03-13 22:36 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tamotsu.exblog.jp/tb/12986016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 芋ロックなう 赤玉が出ました! >>