外の空気

b0008923_14213359.jpg11/14(土)天神、11/21(土)小倉、とウーヴルさんでの竹細工体験教室(スタッフさんのレポートはこちら)が無事終了。つい何十年か前まではそうではなかったのでしょうけれど、今、日常生活で「竹」に触れる機会って少ないですよね。自分にしてもこの世界に入っていなければそうだったと思います。今回の参加者のみなさんは、かごを完成させた達成感と同時に純粋に竹の触感を楽しんでくれたようで、僕も嬉しい限りです。

夏には東京の音羽画廊さんにて、先月は別府の着物屋さん主催のワークショップで、そして今回福岡での2回。いずれも時間いっぱいいっぱいでゆっくりする時間が持てませんでしたが、次回以降は完成後にお茶でも飲みつつお菓子つまみつつ、いろいろお話ししてみたいなと思っています。「世間に竹を認知させたい」という使命感があるわけではないし、「教室の参加者に自分の作品を買って欲しい」と思っているわけでもありません。結果的にそうであればいいかもしれませんが、なにより年代も職業も違った人たちが共通の作業を通してコミュニケーションをとることが出来て、そして互いに少しずつ影響を与え合う、そんな場ってなかなかないですよね。そうしたところへ積極的に出ていくことは、ひとりで考えてひとりでものづくりをしがちな僕らにとって必要なことかと。新しい作品のアイデアをもらえることもあるし、今回の小倉では、参加してくれた方と、とびいりで「授業参観」をしてくれた方(近く北九州でお店を出される方)とでやりとりがあったりとか。

いよいよ来週に迫ったwaranayaさんのクラフト市でもワークショップをする予定です。
また良い出会いがありますように。

余談ですが・・・今回は日帰りでしたが、次回は小倉の飲み屋を攻めてみたい。
紺屋町のあたり、焼肉屋の多さ、道の細さ、など猥雑な感じでディープ臭ぷんぷんでした。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

b0008923_1430669.jpg上の写真は作業場の風景。「学校」のような趣ですが、それもそのはず。もともと県の施設の建物をリノベーション(?)した形です。ま、廃校を利用したアトリエのような感じ?別府に来られる際にはお気軽にお越しくださいませ。ご希望があれば隣接の関連施設(温泉でもよかよー)もご案内さしあげます。(いや、正直なところ、ずーーーーっとひとりで作業しているとさすがに「飽きる」のですわ^^; なので外の空気を運んできて欲しいなーなんて)

右の写真はクラフト手提げ袋にハンコを押して。
これにワークショップの完成品を入れて持ち帰ってもらいました。下の雑誌は「東京の手仕事」。ミーツリージョナルは京阪神エルマガジン社という社名どおり、関西の雑誌。特に京都の特集など、惹かれるキャッチ・ツボな写真・文章・レイアウトが、以前から好きでしたが、ときどき東京の特集をしてくれるんですよね。こちらには、老舗も掲載されていますが、若手のクラフトマンが多数出ており、興味深いです。んー負けられんなー僕も頑張って福岡にアトリエつくるぞーという気にさせられました。(近いうちに具体化させるつもりです)
by tamotsuyaki | 2009-11-22 11:45 | かご屋・店主スケジュール | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://tamotsu.exblog.jp/tb/12368158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by おみっちゃん at 2009-11-22 12:48 x
猫魔法瓶だあ!このシリーズ購入するか否か悩んでるんだよね。
Commented by tamotsuyaki at 2009-11-22 14:49
ヘンに可愛げではなく、見ようによってはシュールなところが気に入りました!
これがジャーマンデザインというものでしょうか。白と黒があるよね。
Commented by みか at 2009-11-22 19:49 x
体験教室 おつかれさまでした♪
授業参観^^; 次回は ぜひ“生徒”で
参加させていただきたいと思っています^^
そして 課外授業?紺屋町に 
ぜひ ご一緒させてください。 頼りないですが
“ナビ” させていただければ 幸いです♪
Commented by akko at 2009-11-22 21:55 x
体験教室がまた開催されますように・・・!
その日は友人の誕生会で福岡の西の果てにおりましたあ
次回は必ずや!
魔法瓶、かわいいですねえ。
今、冷え対策として温かいものばかり飲むようにしてるんです。
で、魔法瓶が気になっているところ・・
Commented by tamotsuyaki at 2009-11-22 23:50
みかさん、無事にコメントできましたね。
「課外授業」とても魅力あるコトバですねー^^
なんなら屋台でおはぎでも?・・・あ、小倉の屋台はお酒はないんでしたねー。
小屋リノベーションのお手伝いも致しますよっ!
Commented by tamotsuyaki at 2009-11-22 23:59
akkoさん、今回は都合が合わずザンネンでした。
どんな形でかはまだ決まっていませんが、近いうちにまたやりますよー!

ポットって言うより魔法瓶って言う方がなんとなく感じいいですなぁ。
温かい飲み物って、冷え対策意外にも体によさげですよね。
体温を上げると健康になる・・・みたいな本もあったような。
いいの買ったらブログで紹介してくださいね。
Commented by 紫陽花 at 2009-11-24 13:20 x
作業場の綺麗さに、ビックリ!!
もっと、雑然としてるのかと勝手に思ってました。
私はこのごろ、封筒ぐらいの大きさの物を差し上げるときは
包みに、結び紐を組んで貼って差し上げるようにしてます!!

完成後のお茶、大賛成!!
Commented by Mapuna at 2009-11-24 17:55 x
このネコポットの色違い、友達の誕生日プレゼントにしたなぁ・・・。
Commented by tamotsuyaki at 2009-11-24 23:26
紫陽花さん
綺麗・・・そうですね、言い換えればモノがあまりないとも・・・^^。「職人の作業場」のイメージとしては、壁にずらーと工具が掛かっていて、必要なものは全て手を伸ばせば掴める、みたいな感じかもしれないですけどね。

あ、いいですね、結び紐。そういう何気ない心遣いが、贈り物をグレードアップさせますよね。見た目的にも気持ち的にも。
Commented by tamotsuyaki at 2009-11-25 00:10
Mapunaさん
黒猫の方ですね?僕も買うとき、白にするか黒にするかしばらく悩みました。
さっき見てみたら、熊バージョンとかペンギンバージョンとかもありますね。その名も・・・サーモベア!サーモバード!
ねこはもちろん、サーモキャット!うーむ、サーモグラフィーの新製品の愛称を考えていた頃を思い出しました(笑)


<< こっそりアピール 芋のお湯割り >>